会社のお金の流れを「見える化」するためのお手伝い
~ ビジョンを数字で裏付け! キャッシュフローコーチⓇ ~

  • ・今どれだけお金が出入りしていて、将来どうなる見込みなのかが、よく見えない?
  • ・売上は、上り調子なのに、なぜ預金残高がこんなに少ないんだろう?
  • ・将来の設備投資等のために、お金を残すには、いくらの売上があればいいのか?
  • ・役員報酬や社員への給与・ボーナスをいくらまで払ってもいいのだろうか?
  • ・根拠のある納得できる売上目標を立てたい、(‘_’)
西堀中小企業診断士事務所

というような、
「会社のお金の流れが、よくわからない」というお困りごとはありませんか?

キャッシュフローコーチとは、
経営数字を使って、経営者の本業の発展に貢献するコーチです。

主に次の2つの役割を担います。

  • ・経営者の意思決定の判断基準や根拠を裏付けすることで、実践を後押します。
  • ・顧問先の社員向けに、お金の勉強会をすることで、社長と社員の立場の違いからくる
    危機感のズレを第三者的に縮め、ベクトルを揃えます。

▸詳しくは、「日本キャッシュフローコーチ協会」のホームページへ
http://www.jcfca.com/cf.html

“会社のお金の流れが、よくわからない”という悩みは、
全体を『見える化』すれば、解決します!

  • ・感覚的に下していた判断が、根拠ある判断に変わります。
  • ・納得の経営判断をするために、正確さや細部にとらわれずに大局を見るコツがわかります。
  • ・会社を経営していくために、お金がどう動けばいいのかわかり、資金繰りが永続するためのキャッシュフロー経営を実践できるので、お金・資金繰りの悩みから開放され、本業に専念できます。
  • ・会社のビジョンを実現するために、お金がいくら必要なのか、お金をどう稼ぎどう使えばいいのかが見えてくるので、意欲が高まり、ビジョン実現のスピードが加速します。

具体的には、こんな時の、意思決定の判断基準や根拠の裏付けに、

  • ・高額な設備投資は今すべきなのか?、新規事業は今すべきなのか?
  • ・従業員は今増やすべきなのか?、従業員の給与・ボーナスはいくらまで払えるか?
  • ・1年間でどれだけ会社にお金が残るのか?、利益が出ているのに、お金がないのはなぜか?
  • ・将来の設備投資等のために、お金を残すには、いくらの売上があればいいのか?
  • ・銀行にどれだけ借りればいいのか?(適正な借入額は?)
  • ・いつお金が足りなくなるのか?ちゃんとお金がまわるのか?

キャッシュフローコーチのながれ

◆STEP01

現在・未来のお金の
ブロックパズルの作成

  • ・お金の流れの全体像を「見える化」します。
  • ・逆算思考で、根拠のある翌期の売上、利益目標を算出します。

◆STEP02

年間キャッシュフロー計画表
(月別)の作成

  • ・お金のブロックパズルをベースにして、月別の売上、変動費・固定費予算、投資予算、利益目標を算出します。

◆STEP03

月末・年度末の
チェック

  • ・目標を達成するための課題整理、プランの見直し
  • ・日常で発生する重要度の高い課題についてコーチングを行います。

◆STEP04

将来のキャッシュフロー計画表
(年度別)の作成

  • ・5カ年のお金のブロックパズルを作成し、売上、変動費・固定費、投資予算、利益目標を算出、ビジョンを数字で裏付けます。

➤キャッシュフローコーチ6ヶ月プランのサンプルはこちら

  • ※キャッシュフローコーチは、和仁達也先生が提唱されているキャッシュフローコーチ・メソッド(日本キャッシュフローコーチ協会)を
    引用しています。
  • ※事前に打ち合わせを行って、テーマ、期間・回数、1ケ月毎・2ケ月毎等の実施間隔等、ご要望に合わせて、進め方を決めさせていただきます。
    ご相談や事前打ち合わせでは、費用は発生しません。お気軽にお問い合わせ下さい。
ページ上部へ